大人ニキビ

大人ニキビ

大人ニキビが治らない

 

大人ニキビが治らないときに、見直してみようかなと思うのが「化粧品」と「生活習慣」です。大人ニキビができるのは顔ですから、ニキビはできるだけ早く治して、吹き出物を気にしない生活に戻りたいですよね。。生活習慣を改善することで、ニキビができないように肌の基礎力を上げていくことはできますが、直ぐにニキビのない肌に改善するのは難しいです。そこで、大人ニキビへ直接働きかける化粧品も併用しながら、ニキビが治りやすく、できにくい肌を作っていくのが理想です。

 

大人ニキビは治ってきたかなと思ったところに、生理周期が重なり、また新しいニキビができてしまったり。。仕事が忙しくなると同じところに出てきますね。口の周りや、フェイスラインなど、ヘルペスと同じように体の疲れやストレスが高くなったときに、できる人が多いです。生理周期やストレスは、ホルモンバランスを乱れさせます。女性ホルモン男性ホルモンのバランスを崩して、例えば男性ホルモンが強くなったときには、皮脂の分泌が自然と多くなります。これにより、毛穴に皮脂がたまりニキビができやすくなっていきます。生理周期や仕事のストレスなど、自分ではコントロールできない環境をどう扱っていったらよいのか?美容雑誌や美容サイトでも特集が組まれていますが、ストレスは肌へ与える影響も大きいため、その解消方法が提示されています。リラックスしたバスタイムや、運動などによるストレス解消が、健康的でお肌にも良いストレス発散方法として紹介されていますね。

 

さて、こういったストレスコントロールによって、生活環境を改善していったとしても、お肌の生まれ変わる周期は28日〜30日といわれているので、直ぐに美肌を手に入れることはできません。今ある大人ニキビをきれいに治して、そしてできにくい肌環境を作っていくために、基礎化粧品の併用はとても合理的です。30代以上になってくると、肌の回復機能が20代のころよりも落ちているので、ニキビ跡にならないようにするためにも、化粧品を使ってきれいに治していきましょう。

 

 

40代、50代になってニキビに悩む人はとても少なくなってきます。この年代は肌が乾燥して、シミやしわといった肌の悩みが出てきますね。20代、30代にニキビの悩みが多いのは皮脂分泌が活発なこともあり、毛穴がつまりニキビができやすい環境があるからです。大人ニキビに悩む人が必要なことは、皮脂の分泌を抑えること、ビタミンC接種、毛穴の汚れをとる洗顔が基本となります。10代の思春期ニキビと違うことは、ニキビに働き替える成分以外に、美肌となる美容成分が必要になってきたということです。残念ながら、人間は生きているだけで年を取ります。同じく肌細胞も年を取るため、肌機能も10代と同じというわけにはいきません。肌機能が高いと、ニキビも早くなおり、ニキビができそうな時も抵抗する力が強くなります。肌機能を高く保つ美容成分が入っているものを選ぶことにより、ニキビ対策と一緒に美肌作りができますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読